忍者ブログ
21 November

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

26 September

アキト二章の感想と考察と予想と

『コードギアス 亡国のアキト
     2章 引き裂かれし翼竜』見てきましたよ!!



 なるべくネタバレはしないように書いていきますが、気づかぬうちにしている可能性もあるのでご注意を!!






 いやあ、相変わらず戦闘シーンが面白いですね。
 前作はネット無料配信の時に見たのでパソコンでの視聴だったのですが、やはり映画館で見ると全然違いますね。前作よりも戦闘シーンは少なかったものの、凄い臨場感がありました。

 やはりナイトメアよりも動物的な動きが可能だからこその爽快感なのかな、とは思いましたが・・・おいおい、ケンタウロス型ナイトメアはどうなのよ。ナイトメアは人型であってこそじゃないのか。あ、トリスタンは邪道だから除く。
 でもナイトメアと違ってアレクサンダは脱出用ユニットがないんですかね?わざわざ出入り口を開けて出ていたので。・・・基本的に前線に出るのはイレブンだから、ということなのでしょうか。おっとりとして優しい、開発者であるアンナちゃんも、前線に出たら十中八九死ぬという感覚を持っているように感じましたし。(まあ2章は状況が状況ですが・・・使い捨て、という認識は根強いのかな、と思ってしまいました。)



 それにしてもアヤノちゃん可愛い・・・!お色気シーンがなかった分好感が持ちやすかった。
 そしてユキヤの、仲間は大切だけどそれ以外の(自分含め)人間の命を諦めている感じが切なくなりますね。初期のルルーシュから情の割合を減らしたようなイメージ。
 リョウも安定の兄貴ぶりで安心しました。


 レイラちゃんはブレないですね。周囲がなんと言おうと、己が正しいと思う道を突き進む。そして自分に付き従ってくれる周囲に迷惑をかけてしまうけれど、そのことに気づいた上で謝罪し、共に、確実に、前に進んでいく。正統派ヒロインというより、正統派主人公女版って感じ。お色気担当でもありますが。

 そしてアキト!!なにあのチビアキト!!可愛い!!ただの女の子じゃねーかくそっ萌えたよこんちくしょう!!と劇場内で叫ぶのを必死にこらえていましたw
 シンとの関係や過去は予想通りのようだけど、こいつらの今後がイマイチ予想がつかないです。また対峙するんでしょうけど・・・あの人がラスボスかっていうと違う気が。次章で死ぬか最終章の中盤で決着つきそうな感じ。


 あ、あと地味にアシュレイ好きです。何ででしょうね。

 それからジャウさん。体格と雰囲気と声と言動(それほぼ全部)にほっとさせられました。
 アンナタイプも好き嫌いが分かれるのですが、今回は好きな方に傾きました。素朴な優しさが素敵だなーと。

 ・・・でもソフィさんは何をしていらしたんですかね?脳の解析は分かるのですが・・・無人アレクサンダ用のAI制作のために呼ばれた、というぐらいしか思い浮かばないのですが。ヘタするとアキトたちの状態について解説する要い(ry


 そして、ブリタニア帝国組。思ったより出番が少なくてびっくりしました。良いところをピンポイントで持っていったからいいけど。

 ジュリアスは・・・ね。まんまでしたね。しかしナイトオブラウンズも皇帝も呼び捨てでいいのかしら。いくら自信家で皇帝の寵愛も厚いようだとはいえ。
 それにしても、いい感じに妄想の種だけまいていったなあ。ふふふ、薄い本が厚くなるな。

 それからC.C.!いるかと思ったら見つからなかったよ!!ステッカーもあるから出てくるものかと思ったのに・・・残念。

 まあこいつらは次回に期待かな。レイラに戦術では圧勝するもハンニバルの亡霊相手にあわわはわわとなるジュリアスという図が目に見えてるけど。


 ・・・頑張れ、ランスロット。
「死ねえ!!」「生きる!!」と壮絶なバトルを繰り広げてくれ。





 取り敢えず感想は以上ですが、追記からネタバレ多大にして今後の展開やアキトやシンやジュリアスについて考察してみます。













 ・・・取り敢えず叫ばしてください。





 ルルゥウゥゥシュ!!何また記憶改変されてんのー!!?





 いやあ、まさか公式でナイトオブゼロルルーシュネタをやるとは。いや、ラウンズっぽい衣装を着ているとはいえラウンズの指揮官かは分かりませんが。

 正直言って、アキトではルルーシュ登場しないか三章の終わりか四章で登場するかな、と思っていたんです。悪逆皇帝として。まあ本編を見ていないので、EUとのやりとりはあまり分からないのですが。少なくとも、ゼロとしては登場しないのかな、と。


 まさかのブリタニアサイドですか・・・。
 まさかのスザクと共闘ですか・・・!!


 しかも「スザク・・・水を・・・水をくれ・・・!」凄いセクシーだったのですが福山さん!!それを親の敵を見るかのような目で見るスザクさんに萌えたよ!ああ釣られたよこんちくしょう!!公式が最大手って凄いね!!
 セクシーボイスに気を取られすぎて気づけなかったのですが、周りを見るかぎり何度も水を持ってきたものの全て零してしまい、という状況らしいですね。・・・そうか、あれは呆れと怒りと変わってしまった彼への複雑な感情が入り交じった表情なのか。分かりずらいぞ、スザクのくせに。


 やはりここでもルルーシュは管理されてるんですね。
 スザクがルルーシュのいる部屋に出入りする瞬間だけロックを解除してましたが、ルルーシュのみだとあまり自由に動けないのかな、とか妄想すると楽しいです。
 彼、妙にスザクに依存しているような感じがしたんですよね。あの縋るような手のせいかな。友達とかそういうのではなく、傍にいてくれないと不安になってしまうような。・・・枢木さん、調教上手いですね←

 しかし、皇帝の寵愛を受けているのはやはりマァイスウィイィィトスァアァンだからですかね。余計な邪推をしたくなってしょうがないのですが・・・!


 それにしても、ルルーシュがただのルルーシュ・ランペルージとして生かされていたのは、てっきりシャルルさんの情からかな、と思っていたのですが・・・
 もしかしたら最初は帝国に従事させながら手元で管理&監視をし、C.C.が干渉してくるのを待つつもりだったものの、シンかC.C.かアキトの接触により記憶を取り戻してしまい、今後そういうことにならないように・・・と普通の学生に設定を変えたのかもなあ、とも思いました。
 まあ、本編の流れと同じならば、という話ですが。でもパラレルワールドにする意味がないですからね。


 でもそうすると一つ気になるのが、ルルーシュはジュリアス時代の記憶を持っているのか、ということ。

 turn1でC.C.はルルーシュの記憶を取り戻しているじゃないですか。あれ、よく「stage25でキスして手に入れていたルルーシュの記憶を流し込んだ」といわれていのるですが、本当にそうなのかな、と思うんです。
 「今こそ封印を解き放つ」とか言ってますし。C.C.が手に入れようがなく、また飼育日記にも書いてあるはずがない、皇帝の前に引きずり出されたときの記憶を持ってますし。
 そもそもコード継承者はギアスの管理者であるわけですから、ギアスの解除ぐらい出来そうな気がするんですよね。V.V.の指揮の下ギアスキャンセラーが誕生したわけですし。
 それなら特区のときは何故解除しなかったか、と聞かれましても、あのときC.C.はルルーシュが望んであの状況を作り出したと考えていたわけですから。ギアスの特性についても黙秘している彼女がギアスキャンセルについて何かしら言っているとは思えませんしね。
 しかし、turn1での彼女の目的はルルーシュの記憶を取り戻すことだったのですから、もしも可能ならばギアスを解除してもおかしくはないと思うのです。

 もしも記憶を流し込んだのなら、ジュリアス時代の記憶はないはずですが・・・では、ギアスを解除した場合なら?
 考えられるパターンは3つ。
 一度解除すると全ての記憶が解除され、ジュリアス時の記憶も取り戻しているパターン。
 解除できるのは一番最後に掛けられたものだけ。ジュリアス時の記憶はないパターン。
 解除できるのは一番最後に掛けられたものだけだが、ジェレミアにキャンセラーをかけてもらったらパターン。

 いや、どれでも本編の流れ自体には関係ないのですが・・・ちょっと気になりまして。
 ジュリアス時代を憶えていたら、ルルーシュさんプライドだのなんだのがズタボロで憤死しかねないですし。
 派生話を考えるうえでも、その辺はハッキリさせておきたいというか。というか記憶喪失ルルーシュがゼロになる話も書いている最中なので是非ともその辺の設定が知りたいわけなのですが。


 まあ、彼に関しては様々なパターンで派生話を考えながら考察していこうと思います。



 次にシンさんの話。


 シンはユーロ・ブリタニアの内部で権力を握り、何をしようとしているんですかね?ただ闇雲に出世しようとしているようには見えないのですが。
 義理の家族、権力者を殺してまで得た地位、そしてアキトを執着なまでに殺そうとしていた過去・・・。イレブンなことを気にし、「弱者の俺は捨ててやる。俺は強者になるんだ!」というだけ、とは思えないんですよねえ。もしもそうなら、アキトを勧誘しようとはしないでしょうし。

 というか彼、ルルーシュとイメージが被るんですよね。
 ギアスも一緒ですし、妹へ微笑みかける一方、彼女の見ていないところでアレコレやっているところとか。兄弟に手を掛けようとする(片方はギアスに頼ったがゆえに未遂だけれども)ところとか。ギアスを掛けるときのポーズまで一緒でしたし。(あ、でも左右逆でしたっけ?)

 それに、どこかアキトに殺してもらいたそうな感じがしたのですが、気のせいですかね?
 最終章中盤で対峙、一騎討ち→うおおお!!と二人がなるも、攻撃をしないでアキトの攻撃をモロに喰らうシンお兄さん→「後は頼んだ・・・」「・・・ああ。」というテンプレしか思いつきませんでした。

 ・・・関係ないけれど、「兄さん・・・!」と言うアキト君が非常に可愛らしかったです。はい。



 さて、ここからが本題。アキト君の能力について。


 彼は周囲の人間と自分の意識をリンクさせることができるのですかね?そのため、シンが掛けた「死ね」というギアスが周囲の人に掛かってしまい、何度かけても死体が増えるだけ、という状態になってしまったと私は解釈したのですが。
 何故アキトが死ななかったかは・・・多分、強く死を否定していたのがアキトだったからじゃないかな、と。多分意識がリンクすればするほど二人で一人といった状態になるため、どちらかが命令を実行すれば解除されるということもあり得るのではないかと思うのです。

 でもアキトはギアスが掛かっている目をしてる時としてない時があるんですよね・・・。ん?それにしては赤いか?もしかして、あれはギアスが掛かっているのではなくアキトの能力発動中?
 もしもあれがギアスが掛かっている状態でなくアキトの能力発動状態なら、戦闘中に目が赤くなるのは「お前が死ねば俺は死ななくて済むんだ!!」ということなのかな、と予想。落ち着いてベットで寝れない様など、幼少期のトラウマに悩まされている感じは多々ありますし。戦闘という極限状態。それも人がバタバタと死んでいく前線じゃ、フラッシュバックを起こしてもおかしくないですから。死を押し付けることで生き延びられる、という風に刷り込まれているように見えました。


 それにしても個人の意識レベルまで影響してしまったあたりで、どうしてもラグナロクの接続が思い浮かんでしかたがなかったのですが・・・もしも成功していたらたら、あんな感覚だったのでしょうかねえ。
 とか言うと、マリアンヌ様やらV.V.やら声の大きい横巻きロールのおじさまやらが出てきそうで怖いですが。

 やめて!後2章しかないのよ!ルルーシュが出てきて混乱しているところにあなたたちまで出てきたら収拾つかなくなるからやめて!!マジやめて!!!




 と、いうわけで無駄なまでに妄想多大な次話予想。


 神聖ブリタニア帝国より軍師ジュリアスとナイトオブセブン枢木スザクが、ユーロ・ブリタニアに協力するため派遣された。ジュリアスの手腕により、E.U.の戦線は崩壊。E.U.人を優先的に逃がすため、しんがりに選ばれたのはイレブンばかりのwZERO部隊だった。
 アキトとリンクすることにより、再び人外な動きで戦略を戦術でひっくり返すワイバァン隊に、ユーロ・ブリタニア軍は圧されていく。それを見かねた枢木スザクは、ランスロットを発進させた。
 生きろというギアスと、死ねという呪いの対決。レイラに迫るピンチ。そして、その時動き出すシンの計画とは・・・!?

 コードギアス 亡国のアキト三章    乞うご期待!!







 ・・・うん、取り敢えず、ジュリアスネタは何か書きたいな、と思ってますのでよろしくお願いします。





P.S. あの共鳴はアキトの能力ではなくアレクサンダの機能らしいのですが、ソフィさんも驚いてたし私にはまだ実験段階だったものがアキトの能力に反応したように見えました。

拍手[1回]

PR